便利ツール
2023-11-24

生成AI(ジェネレーティブAI)とは?種類や代表ツールをわかりやすく解説

ChatGPTやStable Diffusionといった画期的なサービスの登場で注目を集めているAIツール。

ビジネス関連のニュースや雑誌の特集では、ツール名と同時に「生成AI」というワードを見かけることも増えてきました。

一方で「生成AIってなに?」と今さら聞けないとお困りのかたも多いようです。

そこで本記事では、生成AIの概要や種類、具体的なツールまで解説します。

ここで情報をキャッチアップして、最新のニュースにも追いついていきましょう。

生成AIとは?新しいコンテンツを生成するAI

生成AIとは、人工知能の一形態で、新しいコンテンツやデータを自動的に作成する技術です。

まったく新しいコンテンツを生み出せるという点でプログラミングとは異なります。今話題のChatGPTも生成AIのひとつです。

生成AIは、企業がより効率的かつ創造的にコンテンツを制作し、顧客とのエンゲージメントを高めるための強力なツールとなっています。

一方で、品質の管理や倫理的な使用については注意が必要です。

そもそもAIとは?

生成AIについて説明する際には、それが人工知能(AI)の広い分野の中の一部であることを理解することが重要です。

人工知能は、コンピューターシステムが人間の知能の特性を模倣し、様々なタスクを実行する技術の総称です。

この分野には、画像認識、言語理解、学習、問題解決などの能力が含まれます。AI技術は、データ分析、自動化された意思決定、パーソナライズされたユーザー体験など、多くの応用が可能です。

生成AIは、広範なAI分野の中で、特に新しいコンテンツやデータを生成する能力に焦点を当てたサブカテゴリーです。

従来のAIと生成AIの違い

従来のAIはデータを分析し、既存の情報から意味を抽出することに特化しています。

例えば、顧客の購買履歴を分析して、どの製品が人気かを理解したり、メールの内容をチェックしてスパムを判別するのに使われます。

このAIは、既にある情報を基にして動作するため、主に「解析的」または「反応的」と考えることができます。

生成AIは、新しいコンテンツやデータを自動的に作成する能力を持っています。既存のデータを元にして新しいものを「創造」するため、「創造的」と言えるでしょう。

タイプ

特徴

用途

従来のAI

既存データの分析・処理

解析的・反応的

生成AI

新しいコンテンツの自動生成

創造的



簡単に言うと、従来のAIは既存のデータを理解し活用するのに対し、生成AIは新しいものを生み出すということです。

生成AIが注目を集める背景

生成AIが注目を集める理由は、その革新性と多様性にあります。

この技術は新しいコンテンツを生み出すことができ、ビジネスやクリエイティブな分野で大きな可能性を秘めています。

生成AIの登場をきっかけにコンテンツ制作の効率が上がり、クリエイティブなプロセスが加速されているのです。

また、生成AIは従来の方法では考えられなかった新しいアイデアを提供することもできます。

正しく活用された生成AIは、ビジネスの成長と革新に大きく貢献することができます。

生成AIの種類4選

生成AIにはいくつかの種類が存在します。

代表的なものは次の4つです。

  1. 文章生成AI
  2. 画像生成AI
  3. 音声生成AI
  4. 動画生成AI

それぞれ活用シーンまで解説します。

1. 文章生成AI

文章生成AIは、人工知能技術で自動的にテキストを生成するシステムです。

ビジネスの世界では、マーケティング素材やニュース記事、ブログ投稿を自動生成できます。

これにより、コンテンツ作成の時間とコストを削減し、効率を高めることが可能です。

また、顧客サービスの分野では、FAQの回答や顧客からの問い合わせに対する返答を自動化することができます。

さらに、複数の言語に対応しているため、国際的なビジネスコミュニケーションにも役立ちます。

この技術の進歩により、ビジネスはより迅速かつ効果的にコミュニケーションを行い、顧客の関与を高め、ビジネスの成長を加速させることが可能になります。重要なのは、AIが生成するコンテンツの品質を常に監視し、人間の判断で最終的な編集を行うことです。

<代表ツール>

2. 画像生成AI

画像生成AIは、新しい画像やビジュアルコンテンツを生成する技術です。

広告やマーケティングの分野では、画像生成AIを使って独創的で目を引くビジュアルコンテンツを作成できます。

これにより、デザイナーやクリエイティブチームの作業負担が軽減され、より迅速にキャンペーン素材を製作できます。

また、商品のプロトタイピングやデザインの分野でも重宝されます。新しい商品のコンセプトやデザイン案を、実際に製造する前に視覚化することができるのです。

これは、製品開発の初期段階でのコスト削減や意思決定の迅速化に役立ちます。

ビジネスにおいて、画像生成AIの活用は創造性を促進し、時間とコストを節約し、顧客エンゲージメントを高める大きな潜在力を持っています。

ただし、生成された画像の品質や使い方には注意が必要です。

常に倫理的な基準を守り、ブランドのイメージに合った使い方を心がけることが重要です。

<代表ツール>

3. 音声生成AI

音声生成AIは、人工知能を利用してリアルな音声や音声コンテンツを生成する技術です。

ビジネスシーンでの利用例は、カスタマーサポートや自動応答システムでの使用が一般的です。

例えば、AIが自動的に顧客の質問に答えたり、情報を提供したりすることが可能です。これにより、顧客サービスの効率化と品質向上が期待できます。

また、オーディオブックやポッドキャストの制作にも音声生成AIは利用されます。人間のナレーターに代わり、AIがテキストを音声に変換し、リアルな朗読を行うことができます。

これにより、コンテンツの製作コストを削減し、より広範なコンテンツを提供することが可能になります。

音声生成AIの進歩は、ビジネスコミュニケーションの質を高め、顧客体験を向上させ、さまざまな業種での効率と生産性を向上させる大きな潜在力を持っています。

<代表ツール>

4. 動画生成AI

動画生成AIは、ビデオコンテンツを自動生成する技術です。

動画生成AIは特に、マーケティング、広告、教育、エンターテイメント業界で重要な役割を果たしています。

マーケティングや広告では、動画生成AIを用いて魅力的で目を引くプロモーションビデオや広告素材を迅速に作成できます。

また教育分野では、オンライン学習プラットフォームや教育用コンテンツの制作に動画生成AIが活用されます。

エンターテイメント業界では、映画やビデオゲームの制作において、動画生成AIがリアルな特殊効果やアニメーションを作成するために使用されます。

これにより、より高品質で没入感のあるエンターテインメント体験を提供できます。

ただし、ここでも品質の監視と倫理的な使用が重要です。

<代表ツール>

まとめ

生成AIとはAIのカテゴリーのひとつであり、新しいコンテンツやデータを生み出すAIを指します。

話題のChatGPTも文章を生成する生成AIの一つですし、SNSで見かける機会が多くなったAIによる画像出力も画像生成のAIによるものです。

技術の発展も早いため、動画生成AIによるコンテンツも今後見かける機会が増えるかもしれません。

株式会社LOGではAIを活用したシステム開発のご相談も承っております。

AIの活用に気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。